ä

【お米型のショップカード】東京・築地の大野屋米店様

: 2015年09月08日
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

弊社の実績紹介ブログを拝見され、お問い合わせを頂いたお客様への納入実績紹介です。

クライアント様は、東京・築地でお米販売、おにぎり・お弁当・お惣菜販売を営んでおられる大野屋米店様です。

過去に当ブログでご紹介した「お米型名刺」の記事を拝見されたそうで、先方様のご商売にもピッタリな販促ツールに成り得るということで、ご発注を頂きました。

お米屋さんだけに、ひとめぼれだったのでしょうか。

弊社としても納入実績のある形状でしたので、設計費はなし、先方様のご指示の元、簡単なデザインと印刷・カットを行い、納品させて頂きました。

表面は店舗名とロゴマークのみ。お米らしく、白地を活かしたデザインとしました。
ohnoyakometen_omote

裏面には店舗情報やQRコードを掲載。

一時期、iPhone等のスマートフォンではQRコードが読み込みづらい時期がございましたが、今はアプリも機種も改良され、小さくても問題なく読み込めます。
ohnoyakometen_ura

形状はお米ですが、外寸は91mm×55mmと一般的な名刺サイズですので、名刺入れにもしっかり収まります。

今回はショップカードという位置付けの商品ですので、店頭に設置されることになるのではないかと思いますが、名刺やカードと同等のサイズにしておけば、市販のカード立てに入れて設置できますし、店頭でショップカードを手に取ったお客様の名刺入れやパスケース、胸ポケットにも収まります。
ohnoyakometen_case

名刺やショップカードはたしかに消耗品ですが、お客様の手に取って頂く以上はインパクトのあるものにしたい!という方は、少々割高になろうが、配布して意味のあるものにしてはいかがでしょうか。

印象に残りにくいありがちな「消耗品」を、形状を加えることでインパクトある「販促ツール」に進化させる。

同じお金を使うなら、「経費」として削減の意識ばかりを持つのではなく、付加価値のあるツールにいつもより少し多めに「販促費」を投じてみてはいかがでしょう。

大野屋米店様
 お米マイスターが厳選・精米した上質なお米と、築地で仕入れた新鮮食材のおにぎり屋さん
 ホームページ http://ohnoyakometen.wix.com/ohnoyakometen